ホーム / 発達障害 / ADHD / 気持ちを新たにbyおねぇ

気持ちを新たにbyおねぇ

みなさまご無沙汰しております。
おねぇです!久しぶりに帰ってきました!

今までは私の手伝いが無ければ更新する事ができなかったごんも、いつの間にか更新をする事ができるようになっていました。
姉として頼もしく思います。

今回は漫画なしで、今後の私の活動について書いていきたいと思います。

発達障害を抱えた私にできる事は何なのか


私にとって、永遠の課題です。
ADHDと診断されている私にはできない事が多くあります。

  • 物事を順序立てて考える事が苦手
  • 金銭管理が苦手
  • 片付けが苦手
  • すぐに疲れてしまう
  • 記憶がすぐに飛ぶ

これ以上もっともっと言い出せばそれはキリがないほど、できない事がたくさんあります。
そのせいで社会では生きていけなくなり、今現在の私が居ます。

でも、できない事ばかりではありません。
できる事だって、なんだったら一般よりもはるかに優れた能力があるかもしれません。

その一握りの可能性に賭けて、懸命にこの4か月ほど休む間も惜しんで駆け回っていました。

何もできない自分が嫌


ADHDの特性でもあると思います。
じっと家で、家事だけしている生活をする事ができませんでした。

かといって外に働きに出ると、まず間違いなく精神を病んでしまいます。
人間関係の問題であったり、仕事量に対するキャパシティオーバーであったり。

外で本当はバリバリ働きたいのに、なぜかうまくいかない、辛い。
この矛盾やジレンマにずっとずっと悩まされてきました。

自宅でできるWebライター業を始めてみる事に


できること、できそうな事をとにかくやる。

もう残された道はこれしか無いと思いました。

当たっては砕けるをずっと繰り返していくしかない。そこにもしかしたら、自分に向いている道があるかもしれない。

それを続けた結果今回、Webライターとして活動を始める事にしました。
できる限り続ける事ができるように、現在日々努力しながら仕事に打ち込んでいます。

フリーランスWebライターは発達障害がある私でもやりやすかった

Webライターなんじゃそりゃ?というところから始めて1ヶ月ほど経過しましたが、運も良かったのか最初から2万円程稼ぐことができました。

文章を書くこと自体は苦ではなく、調べ物が多い場合は大変でしたが、家に居ながら好きな時間にできるというのは私にとって最大のメリットです。

Webライターに限りませんが、フリーランスという生き方はADHDである私には向いているのかもしれないと感じました。
もちろん個人差が大きい発達障害なので一概には言えませんが、

『決まった時間に起きる事が苦手、仕事量を自分で自由に決めたい!ある程度は自分で仕事を管理できる。』

という方にはありなのかもしれません。
といっても急に一人暮らしが成立するくらいの金額を稼ぐことは不可能なので、最初は数万円でも大丈夫という方に限られてしまうのがデメリットですが・・・。

そういった事もあって、仕事が続かなかった私でもWebライターの仕事は続くのか?
実際にやってみてどうだったのか?といったレポートをここに書いていこうかなと思っております。

今回は概要のみですが、今後具体的に連載していく予定です。

あとはごんばかりに頼ってしまいできるとは言っても負担が大きかったみたいなので、私が文章でのお役立ち情報もお届けできればと考えております。
文章の練習にもなりますし!

今後改めて、またよろしくお願いいたします。

というわけで今回はここまでです。
また次回にお会いしましょう\(^o^)/

ランキングクリックで応援する?
  
共有する?

おすすめ記事

【ネタ回】後先考えずに行うもんだから。【ADHD/発達障害】

結果、こうなりましたよね! ご …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

more...
more...